2006年 04月 30日 ( 1 )
アレと戦う男
今日もバイト。GW始まったとかいうニュースは関係なし。
お金のためにエンヤコラ。睡眠時間5時間で頑張るよ。

一人でいつものようにせっせと働いていると、足元にアレ! アレがいた。あのアレだ!
食べ物扱っているからいつかはお目にかかるだろうと 思っていたが
その「いつか」は今日のそのときだった。
アレはコソコソとパンかごの下に隠れる。 さて、どうしようか。もうどうしようもないか。
その場を通らないと店内にいけない。でも通りたくない。
完全に包囲されてしまったのだ。!!ガガーン・・・。

アレという生き物はなぜ存在しているのか。
この世からいっそ消滅してくれればいいのに。
「死ねばいいのに」とガッコの誰かが言ってたが彼の言うとおりだ。
しかし、よく考えてみればアレに似た生き物はいる。
なのにアレだけが嫌われ者。よく考えればかわいそうなヤツ。
だからといって仲良くなりたいとは思わない。

急いで店長に報告し、店長自らの足で退治してくれる事に。
いつもは何もしない店長だが、今回やっと役に立った。
彼は「怠け者」というレッテルを貼られていた中年オヤジから
一気にヒーロー、救世主の位まで格上げだ。ありがたや、ありがたや。
しかし、そこは元怠け者。ホントにとろいので逃げられた。 甘すぎる。
私はアレの死体を確認するまで安心して作業できない。
それを必死に訴えたものの、その訴えは虚しくも退けられ、彼は去っていった。
少しでも彼を英雄扱いしてしまった自分が情けない。

その後作業しているときも10秒に1回は
パンかごのほうを確認し続けた。何回も何回も・・・。
そして午前のバイト終了までアレは現れる事はなかった。

さて、午後の部開幕まであと数時間。
今はただただアレが出ないことを祈るしかない。
[PR]
by sweets-love | 2006-04-30 15:28 | 日記・コラム