カテゴリ:レストラン( 13 )
ロシア料理・ロゴスキー/ビーフストロガノフ
まだまだ誕生日ネタですみません。
誕生日にランチで行った「ロゴスキー」というロシア料理のお店。
いろんな意味で強烈に印象に残ったお店なので、遅くなったけど紹介しようと思います。

第5堀内ビルのエレベーターに乗って、扉が開けばすぐにお店。
店内はとても暗い。ランチ時なのにあまりに暗いので閉店したのかと思った。
しかし、中をのぞいてみれば客がいる・・・・・たったの1組。ランチ時なのに。
「ちょ・・・この店やばいんじゃね?」なんて心に思いながらも、彼女が店内に入ったので
こうなったら着いていくしかないと思った。

店内は薄暗く、そしてほのかに涼しい。壁には油絵。
不気味なロシア人形やマトリョーシカなどの民芸品が並べられている。
席がいっぱいあるのに、私たち以外に1組。
そして店内から流れる「カリンカ」や「走れトロイカ」などの悲しげなBGM。
テトリスで流れていた曲も流れていたが、名前は思い出せない。

しばらくして出てきたのは店長らしきメガネ男。
世に言う「メガネ男子」を思い浮かべるかもしれないが、店長は初老の男だ。
その店長らしき男が店内の油絵を描いているらしい。

席に着いて、早速メニューを見て何を食べようか考えよう!
定番のピロシキは欠かせない。それは彼女が注文するので少し分けてもらおう。
ずらーっと聞いたことのない名前の中に、知っている料理を発見!
それが「ビーフストロガノフ」だ。名前からして何かカッコイイ。
しかしそれを知ったのは徳島製粉の

「得意料理は?」
「ビーフストロガノフ」
「♪うそ うそ おおうそ 八分目でご麺しか作れない女」

という「八分目でご麺」という商品CMだった。
ビーフストロガノフという響きがゴージャスに感じ
何かすごいごちそうなんだろうなと、その頃からずーっと思っていた。
そして店内をきょろきょろしてたら、そのビーフストロガノフがやってきた!
f0101318_21504695.jpg
ロシア料理・ロゴスキー/ビーフストロガノフ 名駅・第5堀内ビル 4F

ビーフストロガノフを何かと勘違いしていたらしい。ハンバーグっぽいものかと思っていた。
きっとそれは「ミートローフ」だと思われる。
牛肉のクリーム煮。言ってみればクリームシチューみたいなものだろうかね。
コトコト煮込まれたであろう牛肉と、大量のピーマン。子供の嫌いなピーマン。
そして私も嫌いなピーマン・・・・。これでもかってぐらいのピーマン・・・。
ピーマンはともかく、牛肉がとってもやわらかくておいしいー☆
なんかやわらかさに感動してしまったよ。
クリームはこってりとして、途中であきそうだったけど、案外ペロリと食べれちゃった。

彼女の注文したピロシキもなかなかおいしい。ひき肉と皮のカリカリサクサクがいいね。


人生初だったロシア料理。
とても名古屋とは思えない雰囲気のお店で堪能できたことは
貴重な体験になったと思う。
[PR]
by sweets-love | 2007-04-12 23:28 | レストラン
Tatula~タトゥーラ~ (後編)
f0101318_0152560.jpg
ロコモコ  ¥900

ピッツァでちょっとお腹が苦しくなったところにロコモコ登場!
これは素晴らしい!!何が素晴らしいって目玉焼きの半熟具合だよ!!!
私は白身まで少し半熟なのが好き。でも鈍母は白身はもちろん黄身まで固まりかけ。
しかし、ロコモコに乗ってるこの目玉焼きは完璧に私好みなんですよー。
ハンバーグは今まで食べたことの無いような味。ちょっと変わってるのかな?
それでもおいしかったでーす!
ところで、ロコモコってどうやって食べるんです? 箸?フォーク?スプーン?

彼女の注文した「きのこのリゾット」もバターの風味が効いてて美味しかったー☆
ただ、すっごく熱かったんだけどね。


いよいよフレア・ショータイムの時間。何も知らない彼女。
突如真っ暗になる店内。一体何が起きるんだ!とワクワクします。
そしてショーのスタート!
パッと明るくなる店内、と同時にVenzさんとSamuraiさんのお二人が登場。
音楽に合わせ私たちは手拍子。
2人はボトルをお手玉しながらあっちこっち踊るように移動する。
私はどっちを見ていいのかてんてこ舞いになってしまったよ。

次にマスターJadeさん。さすがマスターだけあって、すごい技も見せてもらいました。
くるくる回るボトルを手の甲に乗せたり、とにかく凄い!!
もうイケメンな上にこんなカッコイイことしちゃうなんてホントすげぇよ。

気づけば、パフォーマンスしている間にカクテル1杯完成してました。
オレンジ色のきれいなカクテル。おいしそ~ぅ☆
そして彼女はカウンターの中へ入り、その一気にカクテルをグビッ!!
私と店員さん、そして他のお客さんからも大きな拍手。
とにかくこのショーをプレゼントしたくてタトゥーラに来たわけですが
すっかり私までもが魅了されてしまいました。本当にこれはすごいよ。すごいよ。
f0101318_0153969.jpg
フルーツパフェ

Venzさんが目の前で作ってくれた手作りパフェ。
正直お腹がいっぱいだったけど、なにか甘いものが食べたくって注文しちゃった。
ベリーソース、コーンフレーク、生クリーム、バナナ、キウイ、ブルーベリー、ラズベリー
天辺にアイスクリームを乗せて、さらにベリーソースとベリーの串刺し!
とにかく食べきるのが大変だったけど、甘酸っぱくっておいしかった~。


帰り際に、さっきのお客さんから「おめでとうございます」って言われた。
エレベーターに乗るまでVenzさんに送ってもらいさようなら。

バー=お酒を飲むところ と思っていた私。
だから正直言うと料理の方はあまり期待はしていなかった。
しかーし!そこらの料理店にも負けないんじゃないか?と思うぐらいどれも美味しくて
料理の方もフレアショーもとっても満足だ。そして彼女も喜んでくれたしね。

f0101318_0254737.jpg

お誕生日おめでとう。
ワンピースと一緒に「情熱の赤いバラ」を添えて。もちろん歳の数だけ包みました。
あーあ、またやっちゃった。


■Tatula
http://www.tatula.jp/
[PR]
by sweets-love | 2006-10-29 22:12 | レストラン
Tatula~タトゥーラ~ (前編)
10月27日は彼女の20歳のバースデイ!
というわけで、私はこの日のためにどれだけのサプライズを考えてきたことか。
プレゼントは「ワンピース」という指定だったので、これは絶対にしろ
+αとして思い出に残るような何かをしておきたかった。
その+αとして今まで行ったことの無いような素敵なバーへと行ってみました。
ちょうど20歳でお酒も堂々と飲めるようになったんですしね。
長くなるので今回は前編ということで。

行ってみたのはTatula(タトゥーラ)というお店。
以前「PS
で紹介されていたお店で、お祝い事の時にはフレアバーテンダーさんが
パフォーマンスしながらカクテルを作ってくれるのだ!!
コチラでタトゥーラのPVが見れます!カッコイイ☆)
テレビ見た瞬間に「これだ!!」と心の中で叫ぶ。それぐらい素敵に見えるお店でした。

あらかじめ予約しておき、27日の夜に行ってきました。
朝方までやっているお店だからか、7時に行ったがお客は私たちだけでした。
薄暗い店内、流れる音楽、キレイに並べられたボトル。
そしてイケメンバーテンダーさんたち。
普段マックに行くような私たちがこのような場所に居ていいのかと思い、緊張する。
すっごいドキドキしてた。2人とお店の人だけだったし。


まずはじめに冷製パンプキンスープが出される。
小さなカップに入ったスープだが、すっごくおいしくってチビチビと飲んでしまった。
彼女は「すっごくおいしい」を連発し、もう1杯貰えないか期待していた。ムリだろそれは。
こちらは席料+スープで500円。

見習いバーテンダーさん(もちろんイケメン)とマスターのJadeさんとお話をしながら
注文したお料理の到着を待っていました。コークスブライドが好きなんだってさ。
そして、Jadeさんの制服にはいっぱいピンバッヂが付いてたのが印象的。
最初はフレアの勲章(?)だけだったが、お客さんから貰っていっぱいになったとか。
お店で見るものが珍しくて、いろいろ質問して教えてもらいました。
f0101318_015832.jpg
テリヤキチキンのマヨネーズたっぷりピッツァ  ¥980

まず最初に出てきたのはピッツァ。私、もしかしたらピザが好物なのかもしれない。
ピッツァはあらかじめ薄焼きか厚焼きか聞かれるので、私は厚焼きを選択。
薄いのってなんか損した気分になるからね~。値段同じなら多い方がいいさ。
でっかいので2人ではんぶんこ。チキンもでっかいし、マヨネーズもチーズもたっぷりで
コッテリしてて私好み☆ でも、半分食べただけなのにかなりお腹いっぱいに

他のお料理の話や、ショーの感想はまた後ほど。

■Tatula
http://www.tatula.jp/
[PR]
by sweets-love | 2006-10-29 00:34 | レストラン
自由軒/名物カレー・エビフライカレー
自由軒/名物カレー・エビフライカレー  大阪・天保山マーケットプレース

実はまだあれから1ヶ月も経っていないのね。
日々学校の課題やバイトやポケモンの忙しい毎日で、もうかなり前のように思える。
大阪旅行に行ったときに食べた自由軒のカレーがまだ記事にしてなかったみたいです。

場所は海遊館と同じく天保山にある「天保山マーケットプレース」という建物。
その中にあるのが「なにわ食いしんぼ横丁」というフードテーマパーク。
なにわのお店が20店集結していて、ここだけでもいろんな大阪の味が楽しめるようです。
その中から選んだのが「自由軒」という老舗カレー屋さん。
お店に入ったが、できるだけお金をかけず、多くのものを食べたいと思い
1皿を2人で割り勘して食べようということだったが、お店の注意書きに
1人1皿お願いしますと書いてあったようで。出ようにも出れずに注文することに。
私は「名物カレー」を、彼女は「エビフライカレー」をそれぞれ注文。
f0101318_1352683.jpg

名物カレー  ¥735

キレイなカレー色のライスの上に、卵黄が中心にポンッ!
そこにソースをかけて卵黄とライスをかき混ぜて食べるみたい。
さっそく老舗の味を堪能しようとまずは一口。
ドライカレーっぽいと思っていたら、もっとしっとりとしていた。
そしてものすごく辛い。スパイスがとんでもなく効いているのか
はたまた私が辛さに弱すぎるだけなのか。
きっと辛さに弱すぎるだけなのだろうが、とにかく辛くて辛くてたまらなく
食べ終わった時には全身の毛穴から吹き出てるのではないかと思うほど汗が出た。
私が機会ならオーバーヒートを起こし、煙を吹いてぶっ壊れていただろう。
卵黄によって味がマイルドになったが、1個だけでは足らないよ~。
結局美味しいものなんだろうけど、辛すぎて味なんて分からなかった。
ものすごく悔しいな。こういう時もっと辛いもの食べれる人間になりたいな~と心底思う。
f0101318_13521669.jpg

エビフライカレー

こちらは彼女が注文したもの。
大阪なのに「ばってん」に組まれた大きなエビフライが乗っかったカレーライス。
こんな大きなエビフライなんてかつて我が家の食卓に並んだことは無いだろう。
こちらも名物カレー同様にとにかく辛かった。辛(カラ)くて食べるのが辛(ツラ)いほど。
辛いものがダメなはずの彼女なのに、頑張って食べていた。
それは美味しいからだろうか。はたまた残すのはもったいないからだろうか。
その姿に感心しながら私も名物カレーを食べつつ、手伝って食べていた。

お会計の時には、脂汗にまみれてベットリとした私の全身。
その後も舌に残る辛さと、汗と共に、食いしんぼ横丁を周っていた。


■自由軒
http://www.jiyuken.co.jp/

■なにわ食いしんぼ横丁
http://www.walkerplus.com/mall/kuishinbo/
[PR]
by sweets-love | 2006-10-14 14:20 | レストラン
大阪名物くいだおれ/くいだおれ太郎パフェ
f0101318_1484459.jpg
さて、たこ焼きを食べた後はそこから数分歩いたとこにあった「大阪名物くいだおれ」へ。
朝開店前に1度通っていて、何を食べるかあらかじめ決めておいた。
が、やっぱり店内入ってからメニュー見て、店員さん呼んで、来る直前まで考えていた。
そして、せっかく来たんだからドーンと食べてやろう!ということで
私は「くいだおれ太郎パフェ」を、彼女は「お好み焼き風ケーキ」を注文!!
f0101318_1485937.jpg
くいだおれ太郎パフェ  ¥800

まず出てきたのはでっかいくいだおれ太郎パフェ。
知らない人はいないんじゃないかと思うほど、有名なマスコットの
くいだおれ太郎をモチーフとしたパフェです。
頭にはアイスのコーン。しかも、ちゃんと帽子柄のコーンスリーブが!
このコーンスリーブにはナンバーが書いてあって、世界で1個しかないんですよー。
しかも、そのナンバーによって商品が貰えたりするのです!!!
頭にはバニラアイスクリーム。その下にもバニラアイス。
両側にはバナナが突き刺さっていて、生クリームがモリモリッ。
さらに、ミカンとキウイで太鼓とバチを表現?
f0101318_1491564.jpg
背中にはオレンジのスライスが背中にしょった大太鼓!
これは柑橘好きの彼女にあげました。
そして、底にはなぞのピンクの液体がっ!
マウンテンのクリームソーダの怪しさを思い出させる。
しかも液体だけではなく、カラフルな寒天がゴロゴロと出てくる。
すくってもすくっても出てくる寒天。ちょっと食べきるのが大変だった。

食べきるのはちょっと大変だったけど、おいしかったでーす☆
f0101318_1492544.jpg
お好み焼き風ケーキ  ¥550

見た目は子供、頭脳は大人。それは名探偵コナン。
見た目はお好み焼き。中身はケーキ。それがこのお好み焼き風ケーキ!!
クレープで包んだパンケーキ。ソースに見立てたチョコレートソースに
青海苔に見立てた・・・・なんかw(店員談)
中には生クリームやフルーツが入ってます。
これはどうやって食べるかと言うと、こてで切るんです!まさにお好み焼きのようにね。
見た目はお好み焼きだけど、やっぱり食べれば甘ーいケーキ♪
これもおいしかったです。

■大阪名物くいだおれ
http://www.cui-daore.co.jp/

さて、実はまだこのとき時靴は崩壊したまま。
新しい靴をドンキホーテまで探しに行ったり、ユニクロまで行ったりとウロチョロしたけど
まだ見つからないで、たこ焼き&くいだおれ。
結局そのまま大阪港に行こうと思い、駅に向かってたら靴屋発見!
そしてなんとかおニューの靴を買って、安心して大阪港へ行ってきました☆
[PR]
by sweets-love | 2006-09-24 15:47 | レストラン
ラ ホーヤ/ラ ホーヤ グリルランチ
カリフォルニアグリル・ラ ホーヤ/ラ ホーヤ グリルランチ
                              名古屋マリオットアソシアホテル15F

先日、彼氏と別れた友に「名古屋マリオットアソシアホテルランチチケット」を貰った。
一緒に行く予定だったが、その前に別れてしまったので、私と彼女とで使えと。
チケットと一緒にホテルのパンフが入ってて、和、洋、中、仏あらゆる
料理のお店があのホテルにあるのね。で、ミクニナゴヤ!
ここでランチ食べれるのかぁ・・・・ジャケット着用のレストランってすげえな~・・・・
と思ってたら、チケット使えるのは、一部のお店だけでミクニナゴヤは入ってなかったorz
で、使える中から「カルフォルニアグリル」という言葉に魅かれ「ラ ホーヤ」に決定!
予約して、昨日行ってきました~。
f0101318_23375832.jpg

お店の天井が高くて開放的!お日様が入り明るい店内。
さらに、大きな窓からは何も無いささしまライブや、中川、港方面が見渡せます。
下にはJRの電車、新幹線、あおなみ線も走ってるのが見えるよ。
これ夜来たらきれいだっただろうな~。
f0101318_23383899.jpg
なんかこの時点でいつもと違ってドキドキする。
ナイフとフォークとスプーン・・・・・果たして上手く使えるのか?
f0101318_23385110.jpg
変わった入れ物にパンが突っ込んであった。ただのパン、ごまスティック、フランスパン。
テーブル写真にあるバターと、トマト漬けしたオイルを塗って食べるんだとさ。
バターが柔らかくて塗りやすい事に感動!冷蔵庫から取り出したばっかだと
塗りづらくていやなんだよね~。オイルはピザソースっぽい味がしたような。
f0101318_233924.jpg
いよいよ前菜の「タコと夏野菜の地中海風」
ああ、憂鬱。私、たこ焼きのたこ以外は嫌いなんですけど・・・・。
それどころか夏野菜とか嫌いなんですけど・・・・・。
さらにマリネとか我が家じゃ出たことないんですけど・・・・・。
学校給食で嫌いな献立が出て来た気持ちと同じだ。
それでも通常なら2300円もしたランチセットを残すわけにはいかないと思い
死ぬ気で食べた、食べまくった・・・・・
しかし、半分食べたところでもうこれ以上食べたら死ぬ気がした。
もしここで死んだらこの後の料理はどうなる?楽しみのデザートは?
そう思って、彼女に限界だという事を伝え食べてもらった。
f0101318_23391373.jpg
やっと食べれそうな「米茄子のボローニャ風スパゲティー」
私は茄子があまり好きではないが、チーズと合うね~。おいしいおいしい!
ボローニャ風が何なのか私には分からないが、ようはミートスパゲティ。
そのミートスパゲティは我が家のとは比べ物にならないぐらい
絡めてあるミートソースの量が多い!パスタを食べてもまだ余るぐらい!
うちだったら最後のほうは味の無いパスタを我慢して食べてるのに・・・・・。
今度は彼女が食べきれないようだ。私がタコと夏野菜を押し付けたせいだろう。
だから責任もって私がすべて食べきった。
f0101318_23392495.jpg
そしていよいよ主菜の「美濃地鶏のグリル タンドリースパイス」待ってました~!!
ほのかに味付けされた黄色いご飯に、チキンが何切れか。それが美濃地鶏!
周りにはカレー風味のソースが美しくかけられている。
早速慣れないナイフできって食べようとしたらなかなか切れない。
肉が切れなくてイライラしそう・・・・でも私は「いや、切れてないっすよ」(by,長州小力)
彼女はとうとう皿を切りつけ嫌な音を立ててしまった。
切れないのはともかく、味はおいしかった!カレーソースがあんまり辛くなくまろやかで
チキンとよく合う~♪そんなに脂っこくもなく、彼女が食べれなかった分まで食べた。
f0101318_23393618.jpg
いよいよ私のメインとなる「マンゴープリン バニラアイスクリーム添え」
このマンゴープリンはしっかり固まっていて味の濃いこと。すっごい贅沢に思える。
さらに、乗っかってる生クリームが最高においしい。
アイスは・・・・・あのぅ、コーン逆さなんですけど?
確かにおしゃれなんだろうけど、このコーンをどうすればいいんですか?
迷った挙句、コーンはコーンでいただき、アイスはアイスで食べた。
バニラアイスで、チョコレートソースがかかっている。
もうこれがすっごいおいしい!私好みの濃いバニラアイス、ほんとにおいしいっ☆
これまでタコやらパスタやらチキンやらいろいろ食べたが、このアイスが一番おいしい。
f0101318_23394897.jpg
最後にカプチーノ。コーヒーか紅茶がいただけます。
カプチーノというものをはじめて飲んだけど、やはりコーヒーは苦い。
てっきりコーヒー牛乳みたいなもんだと思っていたが、あまりに苦かったので
砂糖を4つも入れてしまった。でもまだ苦かった。もちろん頑張って飲みきりましたが。

贅沢なランチ・・・・・ラ ホーヤにて。
カルフォルニアという文字に魅かれて行ったものの、いきなりのタコがきつかった。
さらにそのあと彼女の食べきれないものまで食べたので満腹すぎる。
強い衝撃を与えると口からゲーしそうな。それぐらい食べすぎた。
そう考えると日本はなんて贅沢なことをしているんだろうと思う。
それにしてもアイスクリームはおいしかったなぁ・・・・・


■名古屋マリオットアソシアホテル
http://www.associa.com/nma/
[PR]
by sweets-love | 2006-08-24 13:15 | レストラン
柿安 三尺三寸箸 柿次郎/ランチバイキング
f0101318_21343783.jpg

柿安 三尺三寸箸 柿次郎/ランチバイキング  ¥1600

昨日の話になるんだけれど、夏休み家族でどこにも行ってないし
これからも行く予定が無いので、ちょっと贅沢だけどランチバイキングに行ってきた。
三重県桑名市の山の方。マイカル桑名の前の道から岐阜方面に向かってある
「柿安 三尺三寸箸 柿次郎」というお店。あの肉屋の柿安のお店。
f0101318_21395813.jpg

11時開店。
お店は和の情緒あふれる造り。庭園には木々やコケ、小川も。
門から立派なので私のような庶民は入っていいのか心配になる。
f0101318_21433962.jpg

時間制限は90分。これから死闘が始まる・・・・・。
好きなものを好きなだけ持っていく形式のバイキング。
メニューは和・洋・中全般で、健康を意識した料理にしているんだそうで。
ご飯だけでも3,4種類ありましたよー。五穀米とかそういう健康によさそうなのとか。
f0101318_2153158.jpg

まずいきなり唐揚げを4つも取り、オムレツ、ハンバーグ、寿司、タマゴサラダと
お皿全体に盛り付ける。盛り付けた後に「これでお腹いっぱいになるんじゃ・・・」と不安に。
案の定唐揚げ4つはかなり胃にダメージを与えられた。ヘヴィーだよ。
でも、まだまだいけるぜ!
f0101318_21584368.jpg

またオムレツにオムライスも。ハンバーグに、ポテトグラタン。
これまたヘヴィーなメニューのオンパレードだ。さらにカレーライスもお皿1杯食べちゃった。
それでも全部食べきったところで30分経過。
いつもバイキングに行くとそうなのだが、30分で限界を迎える。
時間配分を考えずに欲望のまま飲み食いをするからだろう。
しかし、甘いものは別腹というわけでデザート行ってみようー!
f0101318_224508.jpg

はりきってコーヒーゼリー、ワッフル×2、シュークリーム×3、わらび餅、おはぎも。
ゼリー、わらび、おはぎはサラっといけたが、ワッフルが最大の難関だった。
しかし、やはり別腹という都合の良いふうにはいかず
パサパサとした餡子入りのワッフルはさすがにキツイ。で、母さんに譲った。
結局残り時間の半分はウーロン茶とプリンだけを何となく口にしていた。

バイキングというとレトルトで安っぽい料理が大量においてあるイメージがあったが
ここ柿安 三尺三寸箸 柿次郎はバイキングのイメージを覆した。
しっかりとした料理ばかりで、全体的にどれも美味しかったです。

帰る時にはもうこれ以上動いたらゲーしそうだった。これもいつも同じ。
何の反省をしないでまた食べ過ぎる。きっとこれからもそうなるのだろう。
みなさんはバイイキング行ってもゲー寸前まで食べ過ぎないように気をつけてくださいね!


■柿安 三尺三寸箸 柿次郎
http://www.kakiyasuhonten.co.jp/jigyo/FMPro?-db=KH03Shop.fp5&-format=jD4.htm&-lay=Web&-recid=33869&-find
[PR]
by sweets-love | 2006-08-18 22:13 | レストラン
矢場とん/みそかつ丼
f0101318_2224170.jpg
栄からブラブラ歩いて矢場町へ。
矢場町には味噌カツで超有名な「矢場とん」というお店があるのです。
数年前お金持ちの友達におごってもらって、すっごくおいしかった覚えがあるので
久しぶりに矢場とんの味噌カツ食べてきましたー。
去年オープンした矢場とんの新店舗ビル。でっかくブーちゃんがドーンと。
f0101318_22364847.jpg
矢場とん/みそかつ丼  ¥1050(汁付き)

昭和二十二年創業
お客様の笑顔 みそかつへのこだわり
積み重ねた歴史が矢場とんの味


1階のカウンターテーブルに座ると、目の前には衣の付いた豚肉が大量に!
そして次々と揚げられていく豚カツ。
で、しばらく待って出てきたのが茶色に照り輝くみそかつ丼。
味噌だれがとーってもいい香り。名古屋人にはたまらんですなーっ。
で、一口食べるとお肉の柔らかい事。いつもうちで食べてる安い肉とは違うね。
そして味噌だれの甘辛い味が豚カツと白飯にしみてておいしいっ!
でもちょっと甘すぎるかなーって気もするかな。
最初は普通に食べ、それからカラシをつけたり、白ごまかけたりして。
みそかつ丼1杯食べたらもう十分おなかいっぱいになってしまいました。

味噌カツって言っても矢場とんだけじゃなく、名古屋のアチコチにあるでしょう。
もう少し味噌カツに関してはいろんな店の味と比べてみたいですね。

■矢場とん
http://www.yabaton.com/index.php
[PR]
by sweets-love | 2006-08-15 23:02 | レストラン
モーニング喫茶リヨン/小倉プレスサンド
モーニング喫茶リヨン/小倉プレスサンド

さて「名古屋ぶらり一人旅」が始まって、まず食べたかったのは「モーニング」
名古屋のモーニングといえば喫茶店の朝食セットみたいなもんかな。
何が凄いって、とにかくオマケが多いのさ。
トーストなどのパンにゆで卵やおつまみ、サラダ、バナナ、アイス・・・・
お店によって量も内容も違うのですが、いろいろセットなんです。

そんな喫茶店の中から食べに行こうと行ったのは
笹島交差点にある三井ビル別館B1の「モーニング喫茶リヨン」
f0101318_19533550.jpg
ここのは「フルタイムモーニング」という意味不明なサービス!
モーニングという名前なのに、イブニングまで続いちゃってるんです。んなアホな。
でもいいんです。なぜならここは名古屋だから。もうなんでもありな街なのです。

で、このフルタイムモーニング喫茶のリヨン。
ここではドリンク代のみでパンやゆでタマゴ、カステラなどがいただけちゃう!
もちろんセット内容にもよるのですが、私は店員のおばさんに「どれが人気ですか?」と
尋ねたところ、観光客に1番人気なのは「小倉プレスサンド」だとか。
それで私はアイスカフェオレ(¥380)を注文し、それをセットにしてもらった。
f0101318_2083395.jpg
カフェオレ、小倉プレスサンド、おつまみの3点セット。
小倉プレスサンドは表面がかりかりサクサク!中はホコホコ!
餡の甘さと、ほのかな塩加減が絶妙。これはおいしいっ。
今頃気づいたが、私は小倉トーストが大好物かもしれない。

PM5時58分まで続くフルタイムモーニング。
お昼時に、おやつ時にももちろんOKですよー。
[PR]
by sweets-love | 2006-08-12 20:21 | レストラン
コメダ珈琲店/シロノワール
f0101318_1744153.jpg

コメダ珈琲店/シロノワール
  ¥560 

名古屋の喫茶店と聞けば、きっとよく出てくるであろう「コメダ珈琲店」
とにかく名古屋及び名古屋周辺に多くのお店を持つ大きなチェーン店なのです。
だから名古屋のどこ行ってもきっと黒にオレンジのコメダの看板を
見ることができることでしょうね。

名古屋でこんなに有名なわけですが、実は私は行った事がなーい!
母親曰く「コメダは高い」とかなんとかで。
でも、名古屋グルメ特集やるってことで、彼女と初コメダ行ってきましたー☆
中に入って「ああ、コメダに来たんだなー」と改めて実感。
席についてコメダ名物の「シロノワール」を注文した。2人で1皿。もちろん割り勘。
f0101318_1401615.jpg

大きなデニッシュパン、しかもアツアツの上には
モリモリモリッと冷たーいソフトクリームがドドッと乗っかってて
申し訳なさそうにチェリーがポツン。メープルシロップも付いてきます。
飾り気が無いのにインパクト大!それがシロノワールだ。
きちんと8等分にカットできてないのがコメダクオリティーというものなのだろうか。

メープルシロップをたらーっとかけて早速食べてみる。
早くしないと上に乗ったソフトクリームがドロドロだ!
温かいデニッシュは表面サクサク、中はふーんわり。クリームはひんやり冷たい。
口に入れるとその温かさと冷たさ、そして甘さが何ともいえない感じだ。
とにかくこの「あたたつめたい」感触は今までなかったかも!?
さらにメープルシロップとソフトクリームの甘さが、デニッシュによく合うこと。
これならコメダ名物って言われる理由も分かる気が。まだ1回しか食べてないけど。

メープルシロップがあまってしまったので、スプーンに入れてパクッて舐めた瞬間
ウェイターがやってきてお皿を下げて行った。「恥ずかしい恥ずかしい」と連呼する彼女。
彼は何を思いながら去っていったのだろう。
[PR]
by sweets-love | 2006-08-02 01:57 | レストラン