<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
飲む森のフルーツビネガー
f0101318_23312356.jpg

飲む森のフルーツビネガー  JR名古屋高島屋B2F

先日、母が久しぶりに名古屋の街に出て、友人とブラブラしたそうだ。
それで行った高島屋の地下2階。
高島屋の地下2階は私はたまにしか行かないが、スーパーやパン屋
漬物にお酒にドナテロウズ。紅茶やコーヒー豆を売っていたりもしてたなー。
そして、それらの中に「酢専門店」というものがある。
そこでは店員さんが頑張ってお客さんを引き付けるために、お酢の試飲を行ってる。
そう、母はそこの熱心な店員さんに負けて1ボトル買ってきてしまったのだ。
私もお酢の効用には興味があったので、ちょぴり楽しみ♪

で、先日の「あるある大辞典Ⅱ」でお酢のことをいろいろ言っていたので
「飲む森のフルーツビネガー」のボトルを開けてみた!
開けると甘いフルーツのような香りと、酢のすっぱい香りが混ざった匂いが。
決していい香りというものではないのだけど、体に良さそうな気はする。
で、まずは氷を入れて水割り・・・・・・・んん~、まずい。もう一杯!
確かに体には良いとしても、これは酸味がきつくて私はダメだった。
ので、牛乳割を試してみた。
f0101318_23451469.jpg

藤色が綺麗なビネガーの牛乳割り。
飲んでみると、後味にちょっとツンって来るぐらいで、おいしく飲める!
これで私のこの太った醜いボディとおさらば・・・・か?
いえ、きっと飲んだだけじゃダメなんです。動かないと。あと大豆も摂取だな。
[PR]
by sweets-love | 2006-08-30 23:54 | 日記・コラム
明治/フランエクストラ 極みのカカオ
f0101318_2114038.jpg

明治/フランエクストラ 極みのカカオ

子供たちの夏休みが終わり秋の季節がやってくる。
読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋。
そしてチョコレートの秋。木の葉の色付きよりも
食卓が秋の味覚で飾られるよりも、私はお菓子で秋の訪れを感じている。
そんな人も多いのではないでしょうか?

Fran Extra・・・
Franを超えたRich Fran。それをも超えてしまったFran Extra。
今回のCMキャラクターはエビちゃんこと蛯原友里さんと、相沢沙世さん。
今女性の間でも人気名なモデルを起用しています。
CMでもシックでゴージャス、かつ大人っぽい雰囲気でExtra感が出てますね。

「極みのカカオ」が追求したのは上質な“苦味”。
ブラックココアを練りこんだ香りたつビスケットをホイップしたビターチョコレートで包み
さらにカカオニブとブラックココアビスケットを練りこんだ
カカオ分70%のビターチョコレートでコーティングしました。
より食感と香りが引き立つよう、エクアドル産のアリバ種のカカオニブを使用しました。

※カカオニブとは?・・・・・カカオ豆から外皮と胚芽を取り除き砕いてローストしたもの

今回食べたのは相沢沙世の黒フランFran Extra「極みのカカオ」
パッケージは艶やかな黒。サイドにはカカオのプリント。
こういう大人っぽいデザインがまさにExtra。Richとも一味違います。

ブラックココアを混ぜたビスケットに、まろやかなホイップビターチョコレート。
さらにその上からはカカオニブとブラックココアをコーティング。
見た目が真っ黒なフランです。まさに「黒フラン」
食べてみると、カカオのほろ苦さがたまりませんね~。
チョコレートもビスケットもほろ苦い味わい。
あまり甘くなく、渋いカカオの風味が味わえます。一歩上行く大人な味。
私はいつも甘いチョコばっかりだったので、このほろ苦さは衝撃でした。

現在「Samantha Thavasa Petit Choice × Fran
エビちゃん・紗世ちゃん オリジナルポーチプレゼントキャンペーン」(長っ)
というキャンペーンをやっていて、ピンクと黒のポーチ、さらに図書カードを
抽選でプレゼントしています。ただシリアルナンバーを入力するのがめんどくさい・・・。


■明治製菓 フラン
http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/fran/index.php
[PR]
by sweets-love | 2006-08-29 21:40 | コンビニとスーパー
名古屋ぶらり一人旅~名古屋港編
名古屋駅から東山線に乗って、栄で名城線で金山へ。
金山から名港線に乗り換えて到着するのが終点「名古屋港」
f0101318_21424970.jpg

名古屋港といえばもっちろん「名古屋港水族館」
小さい頃はちょくちょく行ってたけど、彼女と付き合うようになってからは
1年で3回も行ってました。ちなみに初デートがこの名古屋港水族館でしたよ。
てか、名古屋のまともなデートスポットはここしか無い気が・・・・・。
いつ見に行っても新鮮に感じることがあり、楽しいなぁと思います。
特にイルカショーは大きな会場で見ることができ、とっても楽しいです!
あと、ベルーガっていう白イルカが可愛いんだなぁ。
http://www.nagoyaaqua.jp/


f0101318_21432236.jpg

名古屋の数少ない遊園地「シートレインランド」
名古屋の遊園地といえばシートレインランドか東山動物園の遊園地ぐらいだろう。
で、数少ない遊園地なのにカナリしょぼい。
観覧車は大きく、夜はタワーズからも見えるほど綺麗にライトアップされる。
しかし、目玉はこの観覧車ぐらいで、正直言って他の遊具は・・・・・・。
http://www.seatrain.jp/


f0101318_21434481.jpg

名古屋港にそびえ立つこのでかいこの建物は「名古屋港ポートビル」
7階は展望室になっていて名古屋のあまり綺麗でもない海を見渡せるのでしょう。
ちなみの他の階は会議室になってたり、レストランになっていたりするらしい。
私は興味が無いので1度も行ったことはないのです。
http://www.nagoyaminato.or.jp/port_building/index.html


f0101318_224264.jpg

ポートタワーからイタリア村方面へ港に沿って歩くと
突然現れた1体のモアイ像。WHY?なぜここにモアイ像なのか?
遠く見つめて彼は何を思っているのだろうか・・・・・。
f0101318_2254210.jpg

さらに港沿いの歩道の看板。ヒーッ!ガクガクブルブル・・・・!!!
みんなここには近づくな!気をつけろっ!!
しかし、アベックって・・・。そろそろこの看板を書き直したほうがいいと思います。


f0101318_2144241.jpg

2005年オープンした「名古屋港イタリア村」
今や名古屋港の人気スポット!であるはず。よく知らないけど。
イタリアの街並みを小さい規模ながらも再現してあります。
足湯があったり、ダビデ像があったり、結婚式場があったり、グラス美術館があったり。
中心の建物内にはファッション、インテリア、レストランなどのお店がたくさん入っていて
どれも私のような貧乏学生には手が出しがたいものばかりです。
f0101318_2144183.jpg

このような馬車も周りでチョコチョコしてます。きっとお金出せば乗れるのでしょう。
他にも水路を進むゴンドラや、クルージングなんかもできるようです。


名古屋港は夏には「みなと祭り」で花火!クリスマスにも花火!!
市の中心から外れたところなので、ちょっと不便でしょうが
1日デートするにはぴったりではないかと思いますよ!また港行きたくなってきたー。
[PR]
by sweets-love | 2006-08-27 22:26 | 日記・コラム
モスバーガー/モスバーガー&ラッシー
モスバーガー・緑モス/モスバーガー&ラッシー  名古屋・ラ・バーモささしま店

そういえば、最近すっぽかしていた名古屋特集やる前に
くいしんぼうさんから「モスライスバーガー味噌カツ」があると教えてもらって
ちょっと前にモスバーガーに行ってきた。久々のモスバーガーだいっ☆
しかし、ラ・バーモささしまのモスバーガーに行ってみると
どこにも味噌カツの味の字も見当たらない。んなアホな。
で、今HPを見てみたんだけど、一部店舗では取り扱ってないんだとさ。
ささしまはその一部なんだね。なんだか悔しいので近いうちに栄のモス行ってこよ。
で、あきらめて久々にモスバーガーのモスバーガを食べてみた。
f0101318_12434668.jpg

モスバーガー  ¥300

モスバーガーってお店で食べる時はカゴに入って出てくるんだよね。
そういう心遣いがあるのが某M社と違うところ。
さらに某M社のハンバーガーの2倍はあろうかというボリューム。
フワフワのバンズにジューシーなパティ、たっぷりミートソースにトマト!
これを大きな口開けてガブッとかぶりつくのがたまらない~♪
もうすっごくおいしいなー。モスいいよ。うんうん、やっぱりモスが好きだ!
と書きながらも、やはり某M社の値段が魅力的で
それに釣られてモスとはご無沙汰になってしまうのが現状。申し訳ない。
皆さんは「安い某M社」と「おいしいモスバーガー」どっちが好き?
f0101318_136849.jpg

ラッシー  期間限定

彼女はナンタコスとラッシー。ナンタコスってはじめて食べたけど・・・・・うん。
ラッシーはなかなかおいしかったです。
昔飲んでたヨーグルト味のパックジュースの濃くなったような味で
なんだか懐かしくもなった。
甘いけどさぱりとしたこのドリンクは夏にピッタリかもー。


■MOS BURGER
http://www.mos.co.jp/index.html
[PR]
by sweets-love | 2006-08-27 13:08 | パン・ファーストフード
マクドナルド/マックシェイク チョコ+アセロラーラ
f0101318_1438299.jpg

マクドナルド/マックシェイク チョコ+アセロラーラ

前にブログで知り合い、現在mixiで妹的存在として仲良くさせてもらってる
マックバイターの仁美ちゃんが、先日の「アセロラーラ」記事でこんなこと書いてた。

マック娘から裏技をお教えいたします(o^艸^o)w
アセロラーラをカップの3分の1くらい入れて、
残りの3分の2を、な・な・なんと!!!!!!!チョコシェイクを入れるのです!!!!!!!!!!!!!!!Σ(゚д゚lll)

最初にこの話を聞いたとき、絶対まずいって思ったんですw
(ユウさんも思いましたぁ?!ww)
でも作って飲んでみると・・・・・めっちゃめっちゃめっっちゃうまい!!!♡
これは試す価値あります(・∀・)+。
マックのお友達がいるならぜひ作ってもらって飲んでみてください(*^^)
もしいないなら、両方買って混ぜてみてください☆彡ww


それに対して私は
お店の人にミックスできるか聞いてみますんで。勇気出して聞きます。

・・・・・・ゴメンナサイ。聞く勇気なかったです。
仁美ちゃんの大好きな彼氏ほど私は勇気ある大きな男じゃないんでw
(身長なら数十センチ大きいけどさww)
昨日マックに行ったのですが、なにせドライブスルーだったんで
マイクに向かって「チョコをカップの3分の2注いで、残りの3分の1はアセロラーラで・・・」
なんて言ったらきっと大変だろうなーと思いまして。伝わらないだろうし。
それでマックシェイクのチョコとアセロラーラを両方頼みまして挑戦したよーん!

まずは彼女とアセロラーラを3分の2、チョコを3分の1を飲んで
これで準備万端!それから蓋を取ってまーぜませっ!!きれいなマーブル模様♪
でも、これだと偏りがあると思ってさらにミックス!
色はほとんどチョコと変わりなかったけど、味のほうは!?
で、早速飲んでみると・・・・・
「んん~、まずぅい、もう1杯」と言うほどではないんだけど、なんだかビミョ~な味。
それでももう一口飲みたくなるという摩訶不思議な味わい。
アセロラの元の味はほとんどしなくなってるけど、いつものチョコ味じゃない。
彼女は「チョコの時とあまり変わらない」と言っていたけどさ。
というわけで、私的には「ビミョー」という判定でした。
仁美ちゃん、せっかく教えてくれたのにゴメンよ~。
[PR]
by sweets-love | 2006-08-26 21:58 | パン・ファーストフード
宮部のできたて工房/シュークリーム&おいちーず
宮部のできたて工房/シュークリーム&おいちーず 名古屋市・栄生

今週は友達と久々スイーツステーションに行ってきた。
所持金1万円の友が太っ腹に400円までおごってくれると。
400円まで・・・・ユーハイムのケーキも食べたいし、キースマンハッタンのもいいし
シーキューブのも食べたい・・・・と悩んでるときに発見したのが
週代わりのコーナーに「宮部のできたて工房」。
以前にもここのシュークリームを食べて、オマケにあられまで貰ったという
やさしいお店だったなーと思って、再びここのシュークリームを買ってもらった。
さらに「おいちーず」という名のチーズケーキがあったので
それもさらに買ってもらう。他にシューラスクというのも買っていた。
f0101318_1434648.jpg
カスタードクリームのを前回食べたが、夕方行ったせいか
そちらはもう売り切れていたので、コーヒークリームのにした。
シュー皮はふんわりとしていて、コーヒークリームは甘くてトロトロ~。
普段パリパリ皮派な私だけど、たまにはフワフワ皮もいいなーって思いました。
他の友達2人もフワフワよりもパリパリ皮派だそうだ。
f0101318_144127.jpg
「おいちーず」。申し訳ないがネーミングセンスを問いたくなる。
友は「おいちーず2つください」と言っていたが、私ならきっと言えないと思う。
友達に後から聞いたが案の定おいちーずと言う事を躊躇していたと。
でも、おいしいチーズで「おいチーズ」。分かりやすくていい名前かもしれないな。
こちらは小さいカップに入ったチーズケーキ。
それはもうネットリとするほど濃厚なチーズ味で、ほんのりレモンの風味。
ヘヴィーなので友達は半分ぐらいでいいと言っていたが
私はこれぐらいずっしりしたのも好きなので、あっさり1個食べれてしまった。
こっちもなかなかおいしかったです。

それにしてもこの季節のタワーズの下は友達同士で行くようなところじゃないね。
座って食べれる場所がないから言ってみたんだけど、どこもかしこもカップルばっかりで。
[PR]
by sweets-love | 2006-08-26 14:15 | スイーツ
ラ ホーヤ/ラ ホーヤ グリルランチ
カリフォルニアグリル・ラ ホーヤ/ラ ホーヤ グリルランチ
                              名古屋マリオットアソシアホテル15F

先日、彼氏と別れた友に「名古屋マリオットアソシアホテルランチチケット」を貰った。
一緒に行く予定だったが、その前に別れてしまったので、私と彼女とで使えと。
チケットと一緒にホテルのパンフが入ってて、和、洋、中、仏あらゆる
料理のお店があのホテルにあるのね。で、ミクニナゴヤ!
ここでランチ食べれるのかぁ・・・・ジャケット着用のレストランってすげえな~・・・・
と思ってたら、チケット使えるのは、一部のお店だけでミクニナゴヤは入ってなかったorz
で、使える中から「カルフォルニアグリル」という言葉に魅かれ「ラ ホーヤ」に決定!
予約して、昨日行ってきました~。
f0101318_23375832.jpg

お店の天井が高くて開放的!お日様が入り明るい店内。
さらに、大きな窓からは何も無いささしまライブや、中川、港方面が見渡せます。
下にはJRの電車、新幹線、あおなみ線も走ってるのが見えるよ。
これ夜来たらきれいだっただろうな~。
f0101318_23383899.jpg
なんかこの時点でいつもと違ってドキドキする。
ナイフとフォークとスプーン・・・・・果たして上手く使えるのか?
f0101318_23385110.jpg
変わった入れ物にパンが突っ込んであった。ただのパン、ごまスティック、フランスパン。
テーブル写真にあるバターと、トマト漬けしたオイルを塗って食べるんだとさ。
バターが柔らかくて塗りやすい事に感動!冷蔵庫から取り出したばっかだと
塗りづらくていやなんだよね~。オイルはピザソースっぽい味がしたような。
f0101318_233924.jpg
いよいよ前菜の「タコと夏野菜の地中海風」
ああ、憂鬱。私、たこ焼きのたこ以外は嫌いなんですけど・・・・。
それどころか夏野菜とか嫌いなんですけど・・・・・。
さらにマリネとか我が家じゃ出たことないんですけど・・・・・。
学校給食で嫌いな献立が出て来た気持ちと同じだ。
それでも通常なら2300円もしたランチセットを残すわけにはいかないと思い
死ぬ気で食べた、食べまくった・・・・・
しかし、半分食べたところでもうこれ以上食べたら死ぬ気がした。
もしここで死んだらこの後の料理はどうなる?楽しみのデザートは?
そう思って、彼女に限界だという事を伝え食べてもらった。
f0101318_23391373.jpg
やっと食べれそうな「米茄子のボローニャ風スパゲティー」
私は茄子があまり好きではないが、チーズと合うね~。おいしいおいしい!
ボローニャ風が何なのか私には分からないが、ようはミートスパゲティ。
そのミートスパゲティは我が家のとは比べ物にならないぐらい
絡めてあるミートソースの量が多い!パスタを食べてもまだ余るぐらい!
うちだったら最後のほうは味の無いパスタを我慢して食べてるのに・・・・・。
今度は彼女が食べきれないようだ。私がタコと夏野菜を押し付けたせいだろう。
だから責任もって私がすべて食べきった。
f0101318_23392495.jpg
そしていよいよ主菜の「美濃地鶏のグリル タンドリースパイス」待ってました~!!
ほのかに味付けされた黄色いご飯に、チキンが何切れか。それが美濃地鶏!
周りにはカレー風味のソースが美しくかけられている。
早速慣れないナイフできって食べようとしたらなかなか切れない。
肉が切れなくてイライラしそう・・・・でも私は「いや、切れてないっすよ」(by,長州小力)
彼女はとうとう皿を切りつけ嫌な音を立ててしまった。
切れないのはともかく、味はおいしかった!カレーソースがあんまり辛くなくまろやかで
チキンとよく合う~♪そんなに脂っこくもなく、彼女が食べれなかった分まで食べた。
f0101318_23393618.jpg
いよいよ私のメインとなる「マンゴープリン バニラアイスクリーム添え」
このマンゴープリンはしっかり固まっていて味の濃いこと。すっごい贅沢に思える。
さらに、乗っかってる生クリームが最高においしい。
アイスは・・・・・あのぅ、コーン逆さなんですけど?
確かにおしゃれなんだろうけど、このコーンをどうすればいいんですか?
迷った挙句、コーンはコーンでいただき、アイスはアイスで食べた。
バニラアイスで、チョコレートソースがかかっている。
もうこれがすっごいおいしい!私好みの濃いバニラアイス、ほんとにおいしいっ☆
これまでタコやらパスタやらチキンやらいろいろ食べたが、このアイスが一番おいしい。
f0101318_23394897.jpg
最後にカプチーノ。コーヒーか紅茶がいただけます。
カプチーノというものをはじめて飲んだけど、やはりコーヒーは苦い。
てっきりコーヒー牛乳みたいなもんだと思っていたが、あまりに苦かったので
砂糖を4つも入れてしまった。でもまだ苦かった。もちろん頑張って飲みきりましたが。

贅沢なランチ・・・・・ラ ホーヤにて。
カルフォルニアという文字に魅かれて行ったものの、いきなりのタコがきつかった。
さらにそのあと彼女の食べきれないものまで食べたので満腹すぎる。
強い衝撃を与えると口からゲーしそうな。それぐらい食べすぎた。
そう考えると日本はなんて贅沢なことをしているんだろうと思う。
それにしてもアイスクリームはおいしかったなぁ・・・・・


■名古屋マリオットアソシアホテル
http://www.associa.com/nma/
[PR]
by sweets-love | 2006-08-24 13:15 | レストラン
マクドナルド/マックシェイク アセロラーラ
f0101318_22554130.jpg

マクドナルド/マックシェイク アセロラーラ  Sサイズ¥100


今日は22日ということで109シネマズ名古屋は夫婦カップルデー。
彼女と映画を見に行ってきたわけですが、お互い19歳にしてまだポケモン。
まあいいんだ、おもしろいし。いくつになってもおもしろいもんはおもしろいのさ。

で、帰り道に笹島のマクドナルドへ。
目的はただ一つ「アセロラーラ」を飲むためにだけだ。
先週の金曜からスタートしたマックシェイクのアセロラーラ。
過去に杏仁娘、マンゴリータ、メロンソワなど期間限定マックシェイクを
欠かさずに飲んできた私。もちろん今回も逃すわけにはいかない。

色はきれいで可愛いピンク。ちょうどアセロラ色とミルク色を混ぜたような色。
飲んでみるとこれまたアセロラとミルクを混ぜたような味。
アセロラドリンクとは違い、あの酸っぱさが無くて飲みやすい!そして美味しい!!
アセロラの風味もきつくなく、ミルク味のほうが強めかな。ほんのり酸味も。
もちろん甘い。甘すぎるぐらいに甘い。でもそれがマックシェイクの好きなところ。
これ1杯でおなか満腹になってしまいました。


□今までのマックシェイク
・メロンソワ(2006.6.24)
・マクドナルド イタリアンメニュー(2006.2.13)
・桃小町(2005.10.14)
記事にしてないけど、マンゴリータも杏仁娘も飲んでるよん♪

■マクドナルド
http://www.mcdonalds.co.jp/
[PR]
by sweets-love | 2006-08-23 19:40 | パン・ファーストフード
テ・エ・パティスリー ミセスハート/天使のババロア
f0101318_1105641.jpg

テ・エ・パティスリー ミセスハート/天使のババロア ¥360
                                         栄・名古屋テレビ塔1F

名古屋のシンボルの一つであるテレビ塔。ちょっと前に紹介しましたね。
実は東京タワーよりもその歴史は古く、日本で最初の集約電波鉄塔だとか。
そんなテレビ塔は最近大きく改装されて、レストランやカフェ、ギャラリーが開店しました。
今日はそのうちの一つ「テ・エ・パティスリー ミセスハート」というお店の
名物スイーツ「天使のババロア」を紹介したいと思います。

1983年・・・・・今から20年以上も前。私が生まれる前ですね。
ババロアゼリー専門店として池下にオープンしたのがこのミセスマリー。
そこの「天使のババロア」が“口福度No.1”スイーツとして大人気になり
TVや雑誌などで取り上げられ、今では通販も行っているようです。
「口福」って言葉が良いよねー。

「常温で置いておくと溶けるのでご注意ください」お店のミセスにそう言われ受け取る。
溶ける?アイスでもないのに溶けるというのか?不思議だ不思議だーっ!
で、早めにおうちに帰って食べちゃいましたー。

振り返ると私はババロアというものを食べた事がない気がする。
イメージとしてはミルクプリン、牛乳寒天みたいなもんかなーと思ってた。
しかーし!!この天使のババロアは私の想像をはるかに超えるおいしさ!
汚れを知らない私の心のように真っ白なババロア。
一口すくって食べてみると、口の中でなめらかにスゥーっと溶けて広がっていく。
そして口の中いっぱいに優しい甘さとミルク味が充満し、幸せな気分になる。
そこまで書くとオーバーに思えるだろうけど、それぐらいおいしかったということ。
パステルのなめらかプリンみたいなカンジなのかな。いや、もっとトロトローだ。
f0101318_1483784.jpg

天使のババロア白桃添え  ¥460
天使のババロアにフルーツ盛っちゃいました。白桃と生クリーム、飾りにミント。
他のフルーツや餡子のもありましたよー。どんな味だろ?

これぞまさに名古屋生まれの絶品スイーツ!
というわけで、みなさん通販で1度食べてみてはいかがでしょうか?
そして、どうでもいい話ですが、「ミセスハート」ろいう如何わしいお店があるそうだ。


■ミセスハート
http://www.mrs-heart.co.jp/

■名古屋テレビ塔
http://www.nagoya-tv-tower.co.jp/
[PR]
by sweets-love | 2006-08-22 01:57 | スイーツ
ドラクエコンサートに行く!
このブログはお菓子とか名古屋のことがメインで記事を書いているけど
今日はいつもと違って、コンサートのことを書いてみる。
私はどこに行くにもiPodを持ち歩いて音楽を聴いているのだが
その中でほとんど毎日聞いているのが「交響組曲ドラゴンクエスト」
あのゲームの音楽をオーケストラで演奏した曲を聴いている。
オーケストラって本当にすばらしいんだよ。ほんとに。

昨日、毎年名古屋で行われているコンサートに、2年連続行ってきましたー!
今回は大奮発してS席5000円を買ったので、気合を入れて聴かねばな。
いろいろあって会場に着いたのがギリギリ。なんとか間に合った。
f0101318_13295634.jpg

開演時間。セントラル愛知交響楽団のみなさんの登場。
中で印象に残っているのが、第1ヴァイオリンのおじいちゃんと、ぽっちゃりとしたおばさん。
シロフォンのメガネのおねえさん。第2ヴァイオリンの真ん中の人。
スネアドラムの友達に似てたメガネのおにいさん。
そしてコンサートマスターの深山尚久さん。メガネでダンディでかっこよかったー。
演奏中も体全体で演奏していて、椅子の上前後に動いてた。さすがコンマスだ!
そしていよいよ交響組曲ドラゴンクエストのの作曲者であり
今回指揮をするすぎやまこういち大先生のお出まし。
会場からはバリバリおした大きすぎる拍手が鳴り響く。
どうでもいい人から見れば「70過ぎのじいさんがヒョコヒョコやってきたな」と思うかもしれないが
好きな人からしてみれば「偉大なる神の降臨」と言えよう。
実際ヒョコヒョコして、小柄でかわいらしいおじいちゃんって感じなのですがね。
それでも神なんだよ、きっと。

今年のプログラムは交響組曲ドラゴンクエストⅠ~Ⅷの中から人気投票で
上位だったものを演奏してくれる。
先日行われた東京公演とうまく振り分けたようだ。
そしていよいよ演奏の開始。2時間(休憩含む)に及ぶ演奏の始まり始まり~。


■序曲(Ⅰ)
この「序曲」はドラクエをやったことがない人も知っているであろう
ファンファーレから始まるあの曲。
今まで交響組曲ドラクエはⅢ~Ⅷまでしか聴いたことがなかったので
Ⅰの「序曲」は初めて聴いた。私の知っているのとはかなり異なり
こんあメロディーがこの「序曲」にはあったのかぁと思った。
壮大な「序曲」はまさにオープニングにふさわしい演奏で、鳥肌ぶるぶるもんでしたよ。

■王宮のトランペット(Ⅴ)
王宮のトランペットを聴いてて思ったのが、やはりメインのトランペットの力の弱さ。
去年もそうだったので今年も心配だったが、トランペットの音が擦れたりしてるように聴こえた。

■遥かなる旅路~広野を行く~果てしなき世界(Ⅱ)
これまた私が聴いたことの無いⅡからの曲。でも、どこかで聴いた気もする。
「遥かなる旅路~広野を行く」はなんか寂しく、不安な雰囲気の出ている曲。
一転して「果てしなき世界」は明るく楽しいような曲でした。ああ、ⅡのCD欲しいよ。

■ペガサス~精霊の冠(Ⅵ)
「ペガサス」は「おおぞらをとぶ」よりもゆったりと堂々とした曲で、オーボエの演奏が素敵☆
「精霊の冠」の演奏も木管楽器がメインでゆったりとした曲。
最後のほうの盛り上がりがよかったです。

■勇者の故郷~馬車のマーチ(Ⅳ)
Ⅳの中でも私の好きな曲上位に入るであろう曲。
「勇者の故郷」いきなり1人で冒険が始まる孤独感や不安が表れていた。
対して「馬車のマーチ」は仲間が揃ってからの曲で
その曲もオーケストラ総動員といった感じ。ゲームの雰囲気に合ってますね。
特に静かなメロディーから爆発するように大きく演奏うされたときは音がすごく伝わってきた。
こいうのが生のオーケストラの魅力だと思う。素人が言うのもなんだけどさ。

■スフィンクス~大神殿(Ⅶ)
「スフィンクス」はどこか遠い国の雰囲気漂う曲。やっぱりトランペットが気になる。
「大神殿」はスフィンクスと変わりのんびりと落ち着いた曲調。
大神殿という建築物の歴史や荘厳さが出ていると思います。

■栄光への戦い(戦闘~邪悪なる者~悪の化身)
やっぱりⅣであこれが1番好きかなと思う。実際今日聴いてますます惚れた。
はじめのドラムのタッタカタッタカとかヴァイオリンの流れるように
高低が変わっていく音が好き。そしてそこのシロフォンも。
とにかく弦楽器も金管楽器も木管楽器も打楽器も全員が全力でやってそう。
たしかに人気だけど戦闘曲ばかりあったら全員「しに」になってしまうだろうな。
特にヴァイオリンの方たちは指が気持ち悪いぐらい動いて頑張って見えました。


これで前半が終了。演奏するのも大変だろうが、聴くほうも真剣になりすぎて疲れた。
テンションがあがって体全体で聴きたいのにコンサートではそうはいかないのが残念だ。
そして後半。なんと8曲連続の演奏。
これは本当にお互い大変だ。休み暇が無い。拍手も最後まで我慢だし。


■冒険の旅(Ⅲ)
大人気のⅢからの曲。私は未プレイなので思い入れがそんなに無いのですが
それでもいいなーって思える。トランペットよりもヴァイオリンのとこが哀愁漂ってるカンジで。

■哀しみの日々(Ⅶ)
私の中で哀しい曲といえばⅧの「この想いを・・・」が1番悲しくなるなと思っていたんだけど
哀しみの日々は普段あまり聴いてなかったので、逆に新鮮に感じた。
ハープのソロが孤独で切ないが、さらにヴァイオリンの音色も加わると哀しさが増し
盛り上がるところでは感極まって油断すると涙してしまいそうになる。

■大聖堂のある街(Ⅷ)
「哀しみの日々」から雰囲気が変わり、ファンファーレから始まるこの曲。
やっぱりトランペットが気になるけど、しつこくなるからもうこの事には触れないでおく。
とにかく重厚で堂々とした曲でかっこいいんだな。

■洞窟に魔物の影が~死の塔~暗黒の世界~洞窟に魔物の影が(Ⅴ)
Ⅴをやったのが昔過ぎてほとんど印象に残ってない上に
あまり暗い曲を普段聴かないので覚えが無い。
今回演奏された中でもはっきりいって印象が無い。疲れが出てきて集中力が切れてた。
これ本当に人気あったの?と思ってしまうが実際どうなのだろう。

■エレジー~不思議のほこら(Ⅳ)
「エレジー」はオーボエの音から寂しさが出てて胸が苦しくなる。
鉄琴?のかわいらしい音もこの曲だといっそう寂しさが増していると思う。
「不思議のほこら」はファミコンの音で聴いたときからすごく哀しい曲だなと思っていたけど
こうして生オケで聴いたらさらに哀しくなってきた。これも油断したら泣きそ。

■海図を広げて(Ⅳ)
曲の始まりのグッと盛り上がってくるところがやぱり迫力があっていな。
ブルブル振動伝わる伝わる!
しかしこの曲も残念ながらあまり印象に残ってない。Ⅳはこないだやったばっかりなのにな。

■空飛ぶベッド(Ⅵ)
これはやっぱりあのメガネのお姉さんのシロフォンの演奏がすごいね。
どんだけ細かく腕を動かせばあんな音が出せるんだろうと思うようよ。
シロフォンの音がかわいいなー。
最後の曲まで拍手は禁止だったはずなのに、すぎやま先生が拍手するもんだから
みんな拍手。私も拍手。それだけ頑張った演奏だったと思うよ。

■戦火を交えて~不死身の敵に挑む(V)
連続8曲演奏のラストはⅤの戦闘曲。Ⅴの事は「戦火を交えて」ぐらいしか覚えてないかも。
それぐらい好きだった曲です。
始まりからやはり勢いがあり、大迫力の演奏には圧倒した。
ヴァイオリンの高音の鳴きに音がきれいで好きだなー。
スネアドラムのリズムもいいと思う。てか、もうどれもすごくいいんだよ。
「不死身の敵に挑む」では私の好きなティンパニのドンドコした音が聴けてよかったー。
この1曲はこのコンサートの中で1番よかったーって思えた。

■そして伝説へ(Ⅲ)
いよいよラストの曲。これが最後だと思うとなんだか寂しいな。
このそして伝説へは前からファンの間で人気が高いということを知っていたが
やはり投票でも1番だったようだ。
堂々としてたり、切なかったり、勢いがあったりと感じが変わっていくとこが好きだな。
そして最後の曲にふさわしい演奏で、本当に良かった。

みんなすごい拍手で私も頑張って拍手した。
もうそれは翌日腕が筋肉痛になるかもしれないぐらいにね。
すぎやま先生が去った後も拍手は続く。
みんな絶対アンコールがあることを知っているのでやめないわけですよ。
で、すぎやま先生が出てきてアンコールが始まる。しかしそこでアクシデントが!
曲紹介の時に「まず・・・」と。「まず」ということは少なくとも2曲以上があることが判明。
みんな爆笑、楽団員も爆笑。

■馬車を曳いて(Ⅷ)
アンコールに何が出てくると思いきや「馬車を曳いて」
特に好きという訳でもないのでかなり残念。

■結婚ワルツ(Ⅴ)
会場に「結婚する人いますか?」という問いに挙手する人が。
手前の方にもいたのにすぎやま先生気づかず。悲しいね。
で、セントラル愛知交響楽団の中にもいて、他の人がドンドンと煽る中に立ち上がった2人。
職場結婚なんですねー。お幸せに。
そして会場のみんなから祝福の拍手。本当に幸せだと思う。そんななかで「結婚ワルツ」
結婚ワルツもこれといって思い入れが無く、あっというまに終わってしまった。

さて次は・・・・・と思いきやアンコール終了。
私としてはラストは「結婚ワルツ」のようなツンタッターな軽い曲よりも
「時の子守唄」や「空と海と大地」のような壮大で重厚な曲で
このコンサートを〆てほしかったのでかなり拍子抜けだった。

そしてコンサートが終了し、この後は握手会があるだろうなーと思って行ったらすごい列!
でも、今回は握手だけでさーっと流れていって、すぎやま先生と握手ができた。
どうでもいい人から見れば
「70過ぎのじいさんと握手なんて何がうれしいんだろう」と思うだろうけど
好きな人からしてみれば「神との接触」なわけで
さっきまで指揮してた手に触れるなんて感激なわけですよ。

今度は、また1年後。次はどの曲が演奏されるか今からもう楽しみで仕方ない。
いっそ週1、いや月1、半年に1回でもいいから聴きたいものだ。
とにかく1年は長すぎる気もする。
そんなことを思いながらあと1年あっという間に過ぎていくんだと思う。
[PR]
by sweets-love | 2006-08-20 13:44 | 日記・コラム