<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
コメダ珈琲店/シロノワール
f0101318_1744153.jpg

コメダ珈琲店/シロノワール
  ¥560 

名古屋の喫茶店と聞けば、きっとよく出てくるであろう「コメダ珈琲店」
とにかく名古屋及び名古屋周辺に多くのお店を持つ大きなチェーン店なのです。
だから名古屋のどこ行ってもきっと黒にオレンジのコメダの看板を
見ることができることでしょうね。

名古屋でこんなに有名なわけですが、実は私は行った事がなーい!
母親曰く「コメダは高い」とかなんとかで。
でも、名古屋グルメ特集やるってことで、彼女と初コメダ行ってきましたー☆
中に入って「ああ、コメダに来たんだなー」と改めて実感。
席についてコメダ名物の「シロノワール」を注文した。2人で1皿。もちろん割り勘。
f0101318_1401615.jpg

大きなデニッシュパン、しかもアツアツの上には
モリモリモリッと冷たーいソフトクリームがドドッと乗っかってて
申し訳なさそうにチェリーがポツン。メープルシロップも付いてきます。
飾り気が無いのにインパクト大!それがシロノワールだ。
きちんと8等分にカットできてないのがコメダクオリティーというものなのだろうか。

メープルシロップをたらーっとかけて早速食べてみる。
早くしないと上に乗ったソフトクリームがドロドロだ!
温かいデニッシュは表面サクサク、中はふーんわり。クリームはひんやり冷たい。
口に入れるとその温かさと冷たさ、そして甘さが何ともいえない感じだ。
とにかくこの「あたたつめたい」感触は今までなかったかも!?
さらにメープルシロップとソフトクリームの甘さが、デニッシュによく合うこと。
これならコメダ名物って言われる理由も分かる気が。まだ1回しか食べてないけど。

メープルシロップがあまってしまったので、スプーンに入れてパクッて舐めた瞬間
ウェイターがやってきてお皿を下げて行った。「恥ずかしい恥ずかしい」と連呼する彼女。
彼は何を思いながら去っていったのだろう。
[PR]
by sweets-love | 2006-08-02 01:57 | レストラン
M’s Melody/小倉トースト
f0101318_1315914.jpg

M’s Melody/小倉トースト  ¥500

「男女7人メイド喫茶物語」の続き。
私たちはそれぞれサンドイッチやケーキ、ドリンク、アイス、パフェを注文した。
私はメニューの中でも安めで、名古屋名物でもある「小倉トースト」を注文。
まさかメイド喫茶で小倉トーストが食べれるは思っても見なかった。
そして待つこと数十分。ちょっと待たせすぎだったので謝りながら
最後のアイスを持ってきて、みんなそろっていただきます!

私の注文した小倉トースト。まさに「Made in メイド」
店内は写真撮影が禁止(ヲタがメイドを撮影する恐れがあるからか?)なので
私の記憶を絵に描きおこしてみた。実際もっとおいしそうだけどね。
ここで「?」と思ったのが、隅っこに生クリームがドンっと乗っかっていた事だ。
私がお店で小倉トーストを食べる事が無いから?なのかもしれないが
実際、普通の喫茶店では生クリームが付いているものなのだろうか?

こんがり焼けたパンも時間とともに冷めてしまっていて残念。
一口かじるとこし餡の甘さと、バターの風味がよくあっていておいしい!
さらに、付属していた生クリームをたっぷりつけても美味しかったー。
パンと餡と生クリームの組み合わせはおいしいんだね。


友達が注文した「和風チキンサンド」はおいしかったー。
限定商品だった「キャラメルミルキー」はキャラメル風味のミルクドリンク。甘くておいしいっ☆
さらに限定の「COMOK一期制服パフェという謎のパフェは意外に大きく
ポッキーやオレオがあったりとかなり私好みのパフェといえよう。
友達は甘くて食べきれなく、残りはいただきました。

帰りにおみやげとして未使用のお手拭とコースターをいただいて帰りました。
なんて図々しいご主人様なんでしょうね。ま、これも記念記念♪
「いってらっしゃいませ~」と見送られてメイド喫茶体験は終了。


まさにあそこは異空間だった。
私はご主人様であるから、もっと堂々と居座っていればよかったのだろうけれども
どうもメイドさんたちが余りに丁寧で深々とお辞儀したりするもんだから
私も恐縮してペコペコしてしまう。なんだか申し訳ない気持ちになってしまうんだ。
だから結局落ち着かなかった。うん、きっとこれが最初で最後のメイド喫茶になるだろう。


■M’s Melody
http://www.ms-melody.com
[PR]
by sweets-love | 2006-08-01 13:38 | レストラン